株式会社三共プロテック/シロアリ駆除・白蟻駆除/香川県高松市 | シロアリ被害の事例

シロアリ被害の事例

ご自宅の床下は大丈夫ですか?!

すべてのシロアリが羽アリにはなりません!

羽アリになるのは、全シロアリのわずか数%のみです!

毎年、4月末から7月にかけて羽アリが飛び立ちます。
羽アリを見なければシロアリが来ていないと思って
いませんか?
羽アリになるのは、全シロアリのわずか数%のみで、
残りの大多数は、白いまま(いわゆる働きアリに当たる)
なのです。

羽アリが飛び立ってくれれば早期発見できますが、一番
恐ろしいのは、シロアリが侵入しているにもかかわらず、羽アリが飛び立っていないお宅です。

何年来とシロアリに食害されて、気づいた時には甚大な
被害になっていることが多々あります。

そこで 定期的な点検が重要になります!

シロアリは、シロアリ特有の道(蟻道)を作って侵入してきます。木材にたどり着くと木材の内部を侵食しますので、見た目ではわからない場合が多いです。
三共プロテックでは、専門の熟練スタッフが、お家の隅々までチェック致しますのでご安心ください。
また、床がふかふかと沈むような感じがしたり、お部屋や廊下で土のような粉が落ちている場合や、前回の施工より5年以上経過している方
など、 少しでも不安なことがございましたら、三共プロテックまでご連絡ください。

シロアリは明るく風通しのよいところが苦手なため、蟻道と呼ばれるトンネルを作って侵入してきます。シロアリの侵入・被害を示す一つがこの蟻道となります。

シロアリの床下木部被害

シロアリは木材までたどり着きますと、表面を残して材の内部を侵食していきます。
発見が遅れると甚大な被害になることが多いのはこのためです。

シロアリ被害にあった畳です。左側が表で右側が裏面です。

シロアリ被害にあった座板です。

シロアリ被害にあった柱です。

シロアリ被害にあった壁面です。