株式会社三共プロテック/シロアリ駆除・白蟻駆除/香川県高松市 | Blog

スタッフブログ

庭のお手入れ中に発見2021年09月28日

高松市内のスズメバチ駆除に行ってきました。
お客様が枝を切っていると木の中からハチが飛び出してきたとのことです。


低い庭木の中にバスケットボールくらいの巣を確認、コガタスズメバチと特定できました。

近くに通学路があるため、ハチを外に出さないよう注意して駆除をおこないました。
巣を撤去して中を割ると100匹ほどの死骸があり、こんなにたくさん居たんだとお客様も驚かれていました。

スズメバチは秋にかけて攻撃性が高くなり、巣も大きくなります。
ご自分での駆除は非常に危険です。
ハチ駆除は私たち三共プロテックにおまかせ下さい。

スズメバチ駆除2021年07月05日

先月からハチ駆除のご依頼を多くいただいております。
例年では巣が大きくなった9月頃のお問い合わせが多いのですが、今年は作り始めの頃からのご依頼もいただきました。
新型コロナでおうち時間が増えたことも影響しているかもしれません。

先日お伺いしたお客様宅では、天井裏にキイロスズメバチが巣を作っていました。
入口を塞いだ後、薬剤で駆除して巣を回収しました。

軒先や植え込みの中に巣がある場合でも、ご自分で駆除されることは非常に危険です。
ハチ駆除は私たち三共プロテックにおまかせください。
巣を見かけたら、まずはお電話でご相談ください。

冬のハチ事情2021年01月15日

先日、高松市内のとあるマンションでハチ駆除の依頼をいただきお伺いしました。
現場を確認すると、受水槽に巣が作られており、アシナガバチの姿も見られました。(今回はセグロアシナガバチでした)
最近の最低気温も1℃前後と低く、越冬のための休眠状態にありました。
管理作業をされる際に危ないため、かわいそうですが駆除作業を致しました。


冬の寒い時期は活発に動きませんが、普段動かさない物を移動したり、落ち葉などが堆積した普段通らない箇所を通行される時にはご注意ください。
ハチが休眠していてビックリされることや、場合によっては刺されてしまうこともございます。

特にスズメバチを見かけられた際には、危険ですのでご自分での対処はお控えください。
お困りの際には、三共プロテックまでご連絡・ご相談ください。

スズメバチ駆除2020年10月06日

先日、高松市内でスズメバチ駆除の依頼がありお伺いしました。
樹木内の高さ3m程の場所に巣が確認でき、コガタスズメバチと同定できました。
駆除と巣撤去のため、枝を切ってから巣穴に薬剤を注入します。

戻りバチがいるものの、大多数は巣ごと駆除できました。
巣を回収し、割って中を確認すると巣盤が5層あり、大量の働きバチと幼虫を確認。

この時期活発に動いているので、被害が出る前に駆除できてよかったです。

ご自分でのスズメバチ駆除は非常に危険です。
巣を見かけた場合は三共プロテックまでご連絡・ご相談ください。

これから活発になってきます2020年08月18日

今年は、コロナの影響でお盆中の人出が少なかった印象でした。
ただ、近くの墓地は朝から多くの人がお参りされていました。
時間をずらして、夕方からお参りに行きましたが、日差しが強くて草むしりが大変でした(;^_^A

お盆・お彼岸と墓参りされる方が多くなる時期ですが、お墓周りでのハチ駆除依頼も多くなります。
過去には、お墓の中に巣を作られたケースもございます。
写真は、お墓内にミツバチが営巣した事例です。

特にスズメバチは毒性が強く、ご自分での対処は危険です。
ハチの巣を見つけた際は、まず三共プロテックまでご連絡ください。

オオスズメバチ2019年11月19日

本日、高松市の山間部でハチ駆除の依頼がありお伺いしました。
周りに緑が多く見られ、ハチの姿はあるものの巣の位置はわからないとお聞きしていました。

現場に到着すると、風もあって寒いくらいの気温です。
依頼主の方にハチを見かけた場所へ案内されると、山の裾野の竹藪にハチが飛んでいます。
ハチは地面から出入りしているのが確認できました。
個体の大きさや姿、状況などからオオスズメバチと同定し、早速駆除に取り掛かります。

丸の位置に巣穴が確認できました。
巣穴の位置を特定し、まず巣内のハチを駆除するために巣穴から薬剤を噴射。

もう一人(私)は粘着板を使って、戻りバチを捕獲しています。
巣穴からハチが出てこなくなったのを確認して、巣を掘り出し撤去していきます。
しかし、掘っても中々巣が出てこない・・・
しばらく掘り進めて1m程のところで、空洞部分にあたり、巣の一部が出てきました。
手を突っ込むと直径40cm程の巣板が!
回収を進めると全部で6層出てきました。


粘着板もほとんどいっぱいに…

これで駆除完了しました。
後日状況をお伺いすると、数日戻りバチがいたものの今は大丈夫ということでした。

冬に差し掛かる時期でもスズメバチが活動するケースもございます。
ご自分で対処されるのは非常に危険なため、まずは三共プロテックまでご連絡・ご相談下さい。

玄関先のスズメバチ2019年10月19日

朝晩は涼しくなってきたものの、日中はまだまだ暑い日が続いていますね。
今の時期はハチが活発に動くため、私たちも多くのお問い合わせを頂いております。

先日、お電話頂いたお客様は、お父さんがハチに刺されたとのことで、現場に向かいました。
玄関前の植樹に巣があるとお聞きしていましたが、玄関から門までの動線上にスズメバチの巣が確認できました。
僕も玄関まで移動するのに、刺されるんじゃないかとヒヤリとしました。

早速防護服を装着して植樹をのぞき込むと、直径25cm程のコガタスズメバチの巣が確認できました。
巣穴から薬剤注入を行い駆除した後、巣を撤去して作業完了です。

秋口にかけてスズメバチは活発に動いて、攻撃性が高くなります。
スズメバチの巣を見かけましたら、危険ですのでまずは三共プロテックまでご連絡・ご相談下さい。

こんなところにハチの巣が2019年08月05日

暑い日が続いていますが、最近ハチのお問い合わせや駆除のご依頼を多く頂いております。
先日、高松市内のとあるお家から、ハチ駆除の依頼がありお伺いしました。
お伺いすると、玄関先にミツバチが多く飛んでおり、上の写真の木桶の隙間を出入りしていました。
早速、防護服に着替えて確認すると、木桶の中は空っぽで、その下に量水器ボックスが。(水道メーターが入っているところです)
薬剤処理を行いフタを開けると、そこにはミツバチの巣がビッチリと詰まった状態でした(-_-;)

僕たちもこのケースは初めてでビックリでした。
巣を撤去・回収して作業完了です。

これでメーターの検針に来られる方も安心です。(でもちょっとベタベタするかも…)

これから秋にかけて、ハチの巣が大きくなってきます。
特にスズメバチは攻撃性が高く危険なため、巣を見つけた際には三共プロテックまでご連絡下さい。

話題の分蜂2019年04月22日

最近、東京都内でミツバチの分蜂(ぶんぽう)が話題になっていますね。

分蜂とは、新たな巣を形成するために、春頃に女王蜂が働き蜂を引き連れて巣から飛び出すことをいいます。
巣を作るのに適した場所を求めて蜂の一集団が移動する中で、途中一休みするためにどこかに留まります。
都内では、垂れ幕や電柱で休憩中の一群が目撃されました。

本日、高松市内でもセイヨウミツバチの分蜂が確認できました。
はじめは玄関の上部に集まっていたようなのですが、お住まいの方が殺虫剤を使ったことで、写真のように下で集まっていました。
玄関ということで、お住まいの方が家に入ることができずに困っていました。
今回、すぐに駆け付けてハチの処理と回収を行いました。

ハチでお困りの際は、三共プロテックまでお気軽にお問い合わせ下さい。