株式会社三共プロテック/シロアリ駆除・白蟻駆除/香川県高松市 | Blog

スタッフブログ

ヤマトシロアリにご注意を2022年05月11日

GW期間中も羽アリについてのお問い合わせを多くいただきました。
家の中で発生した場合の床下調査では、木部材が大きく食害されているケースが非常に多いです。
羽アリが出たのは今年でも、床下の被害は何年も前から受けていたという事がよく見られます。


写真はヤマトシロアリの被害事例です。
床を支える根太材が大きく食害されたため、折れてしまっています。



床を支える木部材が食害されています。
一見すると大丈夫そうな木材ですが、指が突き刺さるほど内部が食べられて強度が無くなっています。

建物のほとんどの場所で被害が見られましたが、羽アリは見かけていないとお聞きしました。
被害を受けていても必ず羽アリが出てくる訳ではなく、床下で侵入・被害を受けている事はよくあります。

・家の中や近所で羽アリが出た、見かけた。
・何年も予防対策や床下調査をされていない。
・雨漏れや水漏れが起こっている。
・床が沈み込む、下がる。
など、上記に当てはまる場合は注意が必要です。
床下調査されることをおすすめいたします。

羽アリ発生2022年04月28日

この時期、気温が上がってくるとヤマトシロアリの羽アリが飛び出します。
右は和室内で羽アリが出ている時の写真です。

毎年ゴールデンウィーク前後に出てくるのがヤマトシロアリです。
湿気が多い環境を好むため、お風呂やトイレなど水回り周辺での被害がよく見られます。
それ以外でも、通気が悪くて湿気やすい場所からの侵入・被害も多々あります。

羽アリが出なくなったから、シロアリはいなくなったわけではありません。
羽アリになるのは巣全体の約10%程度で、残りは白いまま(職蟻や兵蟻)で活動します。
木材を食べるのは巣の大半を占める職蟻(いわゆる働きアリ)で、一年中動いていますが、寒い時期は活動がにぶいです。




長期間シロアリの被害を受け続けると、上の写真のように木材がボロボロになってしまいます。

シロアリは予防対策が重要となります。
予防処理をしてから5年以上経過するお住まいは注意が必要です。
大切なお住まいを守るため、定期的な調査と予防施工をご検討ください。

羽アリが出た、見かけた場合は、三共プロテックにおまかせください。
この時期は混み合いますので、お早めにご連絡ご相談ください。お待ちいたしております。

見ごろ2022年04月04日

先日、桜を見るために丸亀城まで行ってきました。
見ごろという事もあり、多くの人がお花見に来られていました。

久しぶりに見返り坂をのぼると、思ってたよりキツく感じる…
日頃の運動不足を実感しました(;^_^A


上までのぼっても綺麗に桜が咲いていました。
天気も良く、海側もよく見渡せます。



おりていく途中で、シロアリの被害痕跡を発見。
ついつい見てしまうのは職業病ですね。
切り株だけではなく、生きた植樹もシロアリの被害を受けることがあります。

敷地内でシロアリの被害があった場合は、お住まいも要注意です。
一度も予防対策をされていないなら、まずは床下調査をオススメいたします。

薬剤効果が無くなった所から入ってきます2022年03月18日

先日シロアリ調査した時のことです。
床下を調査すると、建物のあちこちにシロアリの侵入・食害が確認できました。

TOPの写真は、束から蟻道(ぎどう:土などで形成されたトンネル状の通路)を伸ばしていますが、年数が経過した古い道の隣に、新しく道を作って入ってきています。
土の中にはそこまで到達した道筋が残っているので、薬剤の効き目が無くなれば再び入ってきてしまいます。



この建物に侵入しているのは、ヤマトシロアリという湿気が多い環境を好む種類でした。
根元が塊状になっていて、そこから蟻道を伸ばしていました。
これは床下での活性の高さを示しています。
放置しておくとスカスカになって強度が大きく低下してしまうので、これ以上被害が進まないように駆除施工をおこなうこととなりました。

シロアリは早期発見・早期対処が大切です。
特に建てられてから一度も調査や施工をされていない建物は要注意です。
大切なお住まいを守るために、まずは床下調査されることをオススメいたします。

調査のご依頼やご質問などは、三共プロテックまでお電話お待ち申し上げます。

ひな祭り2022年03月03日

3月3日は桃の節句、ひな祭りです。
香川県では東かがわ市の引田ひなまつりが有名ですが、ここ数年はイベントが中止となってしまい残念です。
コロナ禍が早くおさまる事を願っております。

来週くらいから暖かくなってくるようで、そろそろ春らしくなるのでしょうか?
私は寒いのが苦手なので、まだまだコタツが活躍しそうです。

暖かくなってくるとおうちの内外で、虫たちを見かける機会が増えてきます。
特に日当たりのよい場所では、いろいろな種類の虫が集まってくることもあります。
近くに食べ物や水気がなく、日当たりのよい窓に多数のイエバエが集まった例もあります。

虫についてのお困りごとやご相談は、三共プロテックにおまかせ下さい。



 

室内をウロウロ2022年02月22日

ネズミの被害を見かけたとお聞きし、調査にお伺いすると、和室内にネズミのフンがあり尿染みも見られました。
また、押入の中でも多数のフンが確認できました。



天井裏ではクマネズミのフンが大量に確認できました。
広範囲にたくさんあるため、長年にわたり住み処にしていたと考えられます。



また、鳥がワラを持ち込んで巣を作っていました。
鳥や卵は見つかりませんでしたが、ダニや病原菌の恐れがあり衛生的によくありません。

依頼を受け、捕獲を中心としたネズミ対策を実施していきます。
捕獲や生息の状況を見て、フン除去・清掃や殺菌消毒、閉鎖工事など必要な処理をおこないます。
 

天井裏でゴソゴソ2022年02月02日

以前シロアリ工事を賜ったお客様から、夜中に天井裏でゴソゴソと物音がするので見てほしいとの連絡をいただきました。
侵入個体を同定(生物の種類を特定)するために、トレイルカメラという定点観測用のカメラを設置をして、今後の防除対策に生かしていきます。

お住まいの外回りは大丈夫ですか?2022年01月28日

よく建物際に鉢植えを置かれているお住まいを見かけますが、シロアリ対策の観点からは注意が必要です。
日常的に水やりをすることで際の土に水が染み込みやすい点、鉢植えやプランターがあることで物影ができてしまう点があります。
湿気が多い場所や物陰などの光や風が当たらない所はシロアリが好む場所です。
床下からだけではなく、環境が整えば外からでも彼らは侵入してきます。

建物ギリギリに鉢植えなどを置かない(できれば別の場所が理想的です)、鉢植えを密集させすぎない(少し間隔をあける)ことをお試しください。

鉢植え以外にも、出来るだけ建物際に荷物を置かないことが大切です。
特に木材やダンボールは、シロアリにとって格好のエサとなるのでお気を付けください。

 

謹賀新年2022年01月05日

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り、心よりお礼申し上げます。
本年もご満足いただけるサービスや技術の向上に努め、ご要望にお応えしてまいります。

当社ホームページやブログを多くの方に見ていただき、非常に嬉しい限りです。
ブログの更新間隔を早くしながら、これからも様々な現場模様やムシについての情報などを発信してまいります。

本年も三共プロテックを何卒宜しくお願い申し上げます。

スズメバチの蜂児捨て2021年12月06日

12月に入り、今年1年もあとわずかとなりました。
ずいぶんと寒くなってきましたが、ハチが飛んでいると連絡があり調査に伺うと、確かにキイロスズメバチが行き来しています。
壁と母屋(もや)のすき間から天井裏に入り込んでいます。

ハチの出入りを確認していると、突然「コトーン」という音が。
洗濯干し場の屋根の上に、多数の幼虫の姿が見えます。
その後も見ていると、成虫が幼虫をくわえて出入口の穴から落としているのです。


これはアシナガバチやスズメバチで時折見かけられる「蜂児捨て」という行動のようです。
悪天候が続いてエサが満足に得られない場合などに、幼虫を外に捨ててしまいます。自然の摂理とはいえ悲しいことです。
ただ、「蜂児捨て」している場合、攻撃性が高くなるようなので早めの駆除処理をおこないます。

この時期、新たに巣を作ることはありませんが、越冬のためにすき間などに潜りこんだハチと出くわす可能性がありますので、庭の掃除などの際はご注意ください。

紅葉と冬桜2021年11月29日

紅葉を見るために新居浜まで行ってきました。
残っているものの、散ってしまった木も多く、1~2週間ほど遅かったようです。


道の駅には冬桜が植えられており散策しましたが、まだ咲き始めといったところ。
こちらは少し早かったようです。

ただ、見ごろの時期だと人が集まるので、行くのをためらってしまいます。
コロナ禍が早くおさまり、気にせず出かけられる日を心から願っています。

被害が進行すると2021年11月11日

先日お伺いした駆除施工現場の様子です。
和室床下がシロアリに大きく食べられており、人が踏むと床が抜けてしまうほどの被害です。


また、玄関の框(かまち)部分も大きく食べられていて、上を踏むと沈む状態です。
和室・玄関ともに大工さんによる改修工事が必要な被害状況でした。




被害材に薬剤を注入していくと、ヤマトシロアリの生体が押し流されてきます。
寒くなってきても、活発に動いているのが確認できました。

床下以外にも、押入の中や脱衣場、浴室、トイレなど各被害場所に薬剤処理をおこないました。
建物が大きいという事もあり、1日がかりの施工となりました。

長年シロアリ被害を受け続けると、重要な部材の強度がなくなり、直すために大規模な改修工事が必要となるケースを多く見てきました。
シロアリかな?と思ったら、まずは早めの調査をオススメいたします。