株式会社三共プロテック/シロアリ駆除・白蟻駆除/香川県高松市 | Blog

スタッフブログ

ベイト剤による駆除2022年09月27日

シロアリ駆除現場の定期調査にお伺いしました。
鉄骨鉄筋コンクリート造の建物構造上、ベイト剤が効果的だと考え、設置をおこないました。

ベイト剤とは、薬剤を染み込ませたシロアリが好む材のことで、いわゆる「毒エサ」となります。
食べさせて巣に持ち帰らせることで、他の仲間に分け与えさせて巣へもダメージを与える処理法です。



2階の畳を上げると無数のイエシロアリが確認でき、7月にお伺いした時は待機している羽アリの姿も確認ができました。
また、被害は3階にまでおよんでいました。



ベイト剤を設置して1ヶ月経過後、しっかりと食べてくれていました。
少数の職蟻(働きアリ)がいるものの、活動しているほとんどが兵蟻(兵隊アリ)になってきています。
ベイト剤の効果が徐々に発揮されてきています。



更に1ヶ月経過すると、兵蟻を中心に多くの死骸が確認できました。
羽アリの死骸も確認できます。
ここまでくると駆除まであと少しです。

ベイト剤は薬剤を散布しない処理法ですが、駆除に時間がかかるのが難点です。
必ずこれが最善ではなく、被害状況によってはすぐに薬剤による駆除処理が必要なケースも多くあります。
シロアリの被害を見られましたら、駆除施工は三共プロテックにおまかせください。

床下がコンクリートでも侵入してきます2022年07月08日

先日お伺いしたお住まいの被害事例です。
築年数が20年くらいの建物で、換気口から羽アリが大量に飛び出したとの事です。
調査をおこなうと、屋根裏までは被害がなかったものの、浴室の天井裏に分巣が作られていました。
ユニットバスの天井裏では羽アリの死骸が多数確認できました。


壁面の断熱材をめくると分巣がありました。
(写真は分巣の一部分です)


被害が大きい浴室周辺では塊状になった蟻道が確認できました。
(成人男性の腕くらいの太さです。)
通常はストローくらいの太さなため、内部を通るシロアリの数の多さ・活発さがうかがえます。

このお住まいは地面がコンクリートでしたが、基礎の際にすき間が生じており、そこから侵入してきたことがわかりました。

床下がコンクリートだからシロアリが来ないわけではありません。
来ないはずと安心されているため、気が付いた時には大きな被害になってしまった事例もございます。

床下調査や防蟻施工は三共プロテックにおまかせください。
ご質問やご相談は、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

イエシロアリ群飛2022年06月13日

各地でイエシロアリの羽アリが飛び出しています。

このシロアリは夕方から夜にかけて大量に飛び出します。
体が茶色っぽく、街灯や自動販売機などの明かりにむらがる特徴があります。

イエシロアリは建物に与える被害が非常に大きい種類で、加害するスピードも早いです。
木部材の内部を食害するので、大きく強度が低下してしまいます。
自分たちで水を運ぶので、屋根裏にまで被害が広がることもあります。
天井裏や床下、壁の中などに分巣と呼ばれる中継地点を形成して、大きな被害になっていたお住まいを数多く見てきました。

羽アリが出た、見かけた時には三共プロテックにご相談ください。
この時期は混み合いますので、お早めにご連絡ご相談お待ちしております。

 

イエシロアリの被害2022年06月08日

先日、イエシロアリの駆除施工に行ってきました。

上の写真は、1階和室のタンスとカーペットを移動するとシロアリ被害を発見した時のものです。



被害の中には羽アリが混ざっており、飛び出すために待機していたと考えられます。


1階天井裏の写真。
2階まで蟻道(土などで形成されたトンネル状の専用通路)が伸びています。


2階の畳を上げると、座板や畳が食害されています。


イエシロアリは自分で水を運ぶため、今回のように2階や屋根裏まで被害が進むこともあります。
ここまで被害を受けていても気が付かないこともあり、発見が遅れてしまうと更に被害が進行してしまいます。
6月~7月にかけて飛び出す羽アリの発生は、イエシロアリの被害を知らせる重要なサインの一つです。

羽アリが出た、見かけた時には、三共プロテックまでご連絡ご相談ください。

学習会2022年05月24日

今日コープかがわ組合員様の学習会へ行ってきました。
貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。


組合員様にシロアリについてのご説明をさせていただきました。



普段目にすることのない床下の画像に、みなさん驚かれていました。


組合員様が興味を持っていただけたようでとても良かったです。

多くのご質問をいただき、改めてシロアリへの関心の高さを感じました。とても有意義な時間だったと思います。

今回の学習会を通じて、もっとわかりやすく丁寧なご説明が大切だと感じ、今後より一層ご満足いただけるように頑張ります。
 

ヤマトシロアリにご注意を2022年05月11日

GW期間中も羽アリについてのお問い合わせを多くいただきました。
家の中で発生した場合の床下調査では、木部材が大きく食害されているケースが非常に多いです。
羽アリが出たのは今年でも、床下の被害は何年も前から受けていたという事がよく見られます。


写真はヤマトシロアリの被害事例です。
床を支える根太材が大きく食害されたため、折れてしまっています。



床を支える木部材が食害されています。
一見すると大丈夫そうな木材ですが、指が突き刺さるほど内部が食べられて強度が無くなっています。

建物のほとんどの場所で被害が見られましたが、羽アリは見かけていないとお聞きしました。
被害を受けていても必ず羽アリが出てくる訳ではなく、床下で侵入・被害を受けている事はよくあります。

・家の中や近所で羽アリが出た、見かけた。
・何年も予防対策や床下調査をされていない。
・雨漏れや水漏れが起こっている。
・床が沈み込む、下がる。
など、上記に当てはまる場合は注意が必要です。
床下調査されることをおすすめいたします。

羽アリ発生2022年04月28日

この時期、気温が上がってくるとヤマトシロアリの羽アリが飛び出します。
右は和室内で羽アリが出ている時の写真です。

毎年ゴールデンウィーク前後に出てくるのがヤマトシロアリです。
湿気が多い環境を好むため、お風呂やトイレなど水回り周辺での被害がよく見られます。
それ以外でも、通気が悪くて湿気やすい場所からの侵入・被害も多々あります。

羽アリが出なくなったから、シロアリはいなくなったわけではありません。
羽アリになるのは巣全体の約10%程度で、残りは白いまま(職蟻や兵蟻)で活動します。
木材を食べるのは巣の大半を占める職蟻(いわゆる働きアリ)で、一年中動いていますが、寒い時期は活動がにぶいです。




長期間シロアリの被害を受け続けると、上の写真のように木材がボロボロになってしまいます。

シロアリは予防対策が重要となります。
予防処理をしてから5年以上経過するお住まいは注意が必要です。
大切なお住まいを守るため、定期的な調査と予防施工をご検討ください。

羽アリが出た、見かけた場合は、三共プロテックにおまかせください。
この時期は混み合いますので、お早めにご連絡ご相談ください。お待ちいたしております。

見ごろ2022年04月04日

先日、桜を見るために丸亀城まで行ってきました。
見ごろという事もあり、多くの人がお花見に来られていました。

久しぶりに見返り坂をのぼると、思ってたよりキツく感じる…
日頃の運動不足を実感しました(;^_^A


上までのぼっても綺麗に桜が咲いていました。
天気も良く、海側もよく見渡せます。



おりていく途中で、シロアリの被害痕跡を発見。
ついつい見てしまうのは職業病ですね。
切り株だけではなく、生きた植樹もシロアリの被害を受けることがあります。

敷地内でシロアリの被害があった場合は、お住まいも要注意です。
一度も予防対策をされていないなら、まずは床下調査をオススメいたします。

薬剤効果が無くなった所から入ってきます2022年03月18日

先日シロアリ調査した時のことです。
床下を調査すると、建物のあちこちにシロアリの侵入・食害が確認できました。

TOPの写真は、束から蟻道(ぎどう:土などで形成されたトンネル状の通路)を伸ばしていますが、年数が経過した古い道の隣に、新しく道を作って入ってきています。
土の中にはそこまで到達した道筋が残っているので、薬剤の効き目が無くなれば再び入ってきてしまいます。



この建物に侵入しているのは、ヤマトシロアリという湿気が多い環境を好む種類でした。
根元が塊状になっていて、そこから蟻道を伸ばしていました。
これは床下での活性の高さを示しています。
放置しておくとスカスカになって強度が大きく低下してしまうので、これ以上被害が進まないように駆除施工をおこなうこととなりました。

シロアリは早期発見・早期対処が大切です。
特に建てられてから一度も調査や施工をされていない建物は要注意です。
大切なお住まいを守るために、まずは床下調査されることをオススメいたします。

調査のご依頼やご質問などは、三共プロテックまでお電話お待ち申し上げます。

お住まいの外回りは大丈夫ですか?2022年01月28日

よく建物際に鉢植えを置かれているお住まいを見かけますが、シロアリ対策の観点からは注意が必要です。
日常的に水やりをすることで際の土に水が染み込みやすい点、鉢植えやプランターがあることで物影ができてしまう点があります。
湿気が多い場所や物陰などの光や風が当たらない所はシロアリが好む場所です。
床下からだけではなく、環境が整えば外からでも彼らは侵入してきます。

建物ギリギリに鉢植えなどを置かない(できれば別の場所が理想的です)、鉢植えを密集させすぎない(少し間隔をあける)ことをお試しください。

鉢植え以外にも、出来るだけ建物際に荷物を置かないことが大切です。
特に木材やダンボールは、シロアリにとって格好のエサとなるのでお気を付けください。

 

被害が進行すると2021年11月11日

先日お伺いした駆除施工現場の様子です。
和室床下がシロアリに大きく食べられており、人が踏むと床が抜けてしまうほどの被害です。


また、玄関の框(かまち)部分も大きく食べられていて、上を踏むと沈む状態です。
和室・玄関ともに大工さんによる改修工事が必要な被害状況でした。




被害材に薬剤を注入していくと、ヤマトシロアリの生体が押し流されてきます。
寒くなってきても、活発に動いているのが確認できました。

床下以外にも、押入の中や脱衣場、浴室、トイレなど各被害場所に薬剤処理をおこないました。
建物が大きいという事もあり、1日がかりの施工となりました。

長年シロアリ被害を受け続けると、重要な部材の強度がなくなり、直すために大規模な改修工事が必要となるケースを多く見てきました。
シロアリかな?と思ったら、まずは早めの調査をオススメいたします。

片付け中に発見2021年10月20日

和室の部屋の片付けをしていた時に、荷物を動かすと大量のシロアリがいると連絡があり、調査に伺いました。


床下を調査すると、各部屋に蟻道(土などで形成されたトンネル状の通路、シロアリはこの中を行き来します)が確認できました。



和室の床下では分巣が形成されており、相当数のイエシロアリが活発に動いていました。
本巣からの途中に作られた中継地点


分巣の上は床の間になっていて、土壁が変色し崩れていました。

天井裏も被害がおよんでいると思い調査すると、ところどころ被害はあるものの全体にまで広がっていなかったのは幸いでした。

画像をご家族皆さんで見ていただくと、被害の大きさにビックリされていました。
早急な駆除が必要な状態で、人数を増やして1日がかりで徹底的な施工をおこないます。

今回のケースのように、大掃除など荷物を動かした際に発見されることがあり、シロアリの種類によっては小屋裏の梁(はり)が大きな被害を受けていたり、また大規模な改修工事が必要になることもあります。
早期発見できれば被害を最小限に抑えられるので、早めの調査をおすすめいたします。